リス太のビジネスマナー講座 -職場の人間関係②-

前回までの内容はコチラ

 

先輩との関係

リス太:先輩への対応は上司への対応とほぼ同じ。

先輩は上司より身近な存在で話しやすいかもしれないけど、上下関係はちゃんとわきまえておこうね。

K君:先輩と仲がいいからって言葉づかいには気をつけなきゃ駄目だよね。

リス太:そうだよ。先輩は仕事内容についていろいろ教えてくれるからね。

いろんな場面で助けてもくれるし。だからわからないことは何でも聞けるような関係を作りたいね。

K君:先輩からも信頼してもらえるように仕事には熱心に取り組むべきだし、

先輩以外にも周囲の人たちと協調して働きたいね。

 

同僚との関係

リス太:同僚とは同じ部署内の人のことだよ。

先輩、後輩に関わらず、同じ分野の仕事をしている人たちのこと。

困ったときには助け合えるようにしたいね。

K君:まずは名前を覚えることが大事だよね。

でも、発達障害を持つ人の中には人の顔を覚えることがニガテな人もいるよね・・・。

リス太:うん、大きな会社だと全員の名前を覚えるのは難しいけど、

自分の所属する部署やチームのメンバーの名前は極力覚えるようにしよう!

 

 

同期との関係

K君:同じ部署に同期がいるかいないかってとっても重要なことだよね。

リス太:一人でもいてくれると心強いよね。

K君:悩み事とかも相談できるし、一緒に頑張ろうって思えるよね。

リス太:それによきライバルでもあるよね。

でもライバルってことは、社内では比較されて見られているってことだよね。

K君:そっか。仲良くやるのも大切だけど、お互い刺激しあって成長していけるともっといいね!