伝え方のコツ その3 ~親身になってもらえる、いい質問のしかた~

いつもの「質問」「返答」にプラスして、より円滑な相談を

僕、先輩に嫌われてるのかもなぁ・・・
どうしたの?
先輩に質問をしても、いつも冷たい感じがするんだ・・・
  • 質問・相談しても、聞く気がないように見えてしまう
  • 声をかけても批判ばかりされてしまう
  • 部下や後輩が心を開いてくれていない気がする
嫌いなわけじゃなくても、こう感じてしまうことはあるよね。
でもこれ、少しの気遣いで変わるかもしれないんだ!

聞き方3つの姿勢

コミュニケーションで最も大事な「きく」力。

「きく」には3種類の姿勢があります。

耳だけで「聞く」

リス太君、聞いて!
仕事でおこられちゃったんだ!
ふうん、残念だね。

 

このように、質問する側は、返答側の状況を考えず、返答側も相手の話を耳だけで聞いている状態です。

目を合わせず、パソコンの画面を見ながら話を聴いている・・・

そういった状態があてはまります。

質問を返してみる「訊く」

リス太君、聞いてもらえる?
仕事で怒られちゃったんだ!
大変だね。
どんなことで怒られちゃったの?

 

この漢字は「質問をする、問う」という意味があります。

「訊く」姿勢は、相手の話を、質問などをして理解してみようとしている姿勢です。

全身で「聴く」

リス太君、今大丈夫?
(おや、なんだか落ち込んでいるみたいだな)
うん、作業中だけどいいよ。
どうしたの?

 

相手は急いでいるのか? 落ち込んでいるのか?

「聴く」ということは、耳だけでなく目、心をつかって、相手の表情、態度も見て、心を傾け全身で向き合う姿勢です。

うーん・・・先輩は「聞く」だけって感じかなぁ。
作業中だと目を合わせてくれないし・・・
相手に「聴いて」ほしいなら、こちらも「聴く姿勢」を引き出すための心遣いが必要なんだ。

向き合ってもらいたいときは、こちらの姿勢も大切

コミュニケーションというのは、必ず相手がいるものです。

質問・相談する側は、相手をきちんと見ているでしょうか。

Aさん、この書類をBさんに・・・
リス太君、すみませーん、聞きたいことがあるんだけど~
ちょっと、いま話し中なんだけど・・・あとにしてくれる?

 

このように相手の状況を考えずにただ質問してしまうと、「相談に乗ってあげよう」とは思えないでしょう。

相手が「話を聞いてあげよう」「親身になってあげよう」と思うためには、こちら側にも配慮が大切、ということです。

こちら側で相手をきちんと理解しようとしていなければ、自然とただ「聞く」だけの姿勢になり、相手も同様に「聞く」だけになってしまいます。

「ふうん、そうなんだ」だけの返答が返ってくるのは、そう返答させてしまう状況を自分が作ってしまっている、ということです。

これでは円滑な業務、コミュニケーションを妨げていることになってしまいます。

こちら側も、相談する相手の状況を「聴く」姿勢が必要なのです。

相手の状況、表情、態度、目線、雰囲気、行動。

どのようなものでしょうか?

これらは耳で聞くだけではわかりません。

朝礼や終礼で相手の業務内容を把握しておいたり、他の人との対応の雰囲気を見たり。

こちら側から相手を「聴く」姿勢を意識してみましょう。

Aさん、この書類をBさんに・・・
(リス太君、今日忙しいって言ってたな。Aさんと話し終わったらぼくも行ってみよう。)
じゃあAさん、お願いね。
(話し終えた直後はまずいかな、一呼吸おいて・・・)
リス太君、いま大丈夫?
うん、いいよ!
どんなことかな?

 

少しの気遣いでタイミングをはかれるようになれば、コミュニケーションがうまくいくようになります。

「冷たい反応しか返ってこない」

それはもしかしたら、自分の問いかけ方ひとつで変わることなのかもしれません。

なるほど・・・
あんまり先輩の状況を確認せずに声をかけてしまったかも・・・
そう思うことは誰にでもあるんじゃないかな。
これを機に、話しかけ方を意識してみたらいいと思うよ!

 

restart_banner