ワンランク上の感情ケア ~その25 不安なときの心構え~

どうしたら抜け出せる?不安な時にできること

  • 老後のことが心配。年金、貯金・・・
  • 仕事の不安がいつまでも続く。
  • 怒られそう、失敗しそうだと不安になってしまう。
  • 焦燥感で何もてにつかない。
  • どうしようもない不安を感じるのがストレスになる。

嫌われたかも。

怒られてしまうのではないか。

仕事がうまくいかないのではないか。

こういった不安は常に私達のどこかにあるのではないでしょうか。

気づかないうちに期限が来てしまって、不安ではなく恐怖、後悔につながってしまうことも。

どうしたら不安から抜け出せるのでしょうか。

不安は「予期」です

もしかしたら傷ついてしまうかもしれない。

でも、もしかしたらそうじゃないかもしれない。

だが、対策はとっておくことのほうが良い。

わかりやすく言えば、この状態が不安です。

将来の不確定な結果について、不利益を被ってしまう可能性を考えています。

脳がその不利益の可能性を察知し、何か行動をしなさいよ、というアラートをだしている状態です。

脳というのは実に悲観的ですね。

しかし、その悲観があるから、私達は失敗を防ぐために行動ができるということでもあります。

そして脳は、とにかく行動をすれば、不安への対処をしたと感じます。

将来の危険が少し遠ざかった! と感じることができるのです。

悲観的な予期に対して、予防策をとることで、不安というのは少しずつ解消されていくものなのです。

不安がない人は失敗しやすい?成功しやすい?

勢いだけで発進できる人。

何にでも肯定的にチャレンジできる人。

楽観的で、なるようになると受け入れられる人。

羨ましいですね。

確かに勢いは大切なものですが、不安を振り切るために繕った勢いではいけません。

不安を受け入れ、とるべき対策はきちんととらないと、トラブルを招いてしまいます。

勢いだけのように見える人も、実は見えないところで準備をしていたりしますよ。

また、肯定的にとらえることで不安が減り、全力で取り組むことができるので失敗は減るでしょう。

結果引き寄せの法則、とも近いものです。

もちろんこの場合も、ポジティブに考えられるからこそ、対策をきちんと取れているということもあります。

なるようになる、というのは、未経験のものでもすべきこと・できることをした上で挑むからそう考えられるのです。

みんな不安がないわけではないのです。

ただし、不安があることで予防策を立てられるから、自信を持って、ポジティブに取り組めるのです。

自分が不安に直面しているときにできること

とはいえ実際不安に直面しているとき、ポジティブになることは難しいもの。

これまで不安への対処として様々な方法を紹介してきましたが、不安の渦中ではどれも手を付けにくい、ということもあるでしょう。

そんなとき、不安は予期であること、対策をとるべきだという脳からの司令だということ、これらを思い出してみてほしいと思います。

この悲観・不安があるから、私達は対処・対策ができるのです。

・いまは不安で何にも取り組む気力が沸かない。

・話せる人もいない。

・未来のことを悲観してしまって何も手に付かない。

そんなこともあるはずです。

しかし、その悲観や不安は、「将来不利益が起こるかもしれないから対策をしよう」という脳からの危険信号。

対策をとって進めば、問題なしとはいきませんが、どんなに悪くても被害を最小限に留められます。

対策でなくても、行動をすることで「対策をとったから少し未来が明るくなった」と感じられます。

放っておくと、どんなに小さな被害であったとしても、危険信号は大きくなるばかりです。

不安を感じている時は、小さなことから始めてみる、誰かに話してみる、明確にできることはないか分析してみる・・・

と言った方法がありましたね。

どの方法をとるにしても、覚えておくとよい心構えでしょう。

 

restart_banner