各国の思惑で終戦日はこんなにも違う!

今日、8月15日は「終戦の日」です!
リス太くんMEMOによると・・・
1945 年(昭和20 年)の今日、天皇による戦争終結の放送がなされ、
3年8 か月に及んだ太平洋戦争が終わったんだ。
当日朝から、「賢き辺り(=天皇)にあっては本日正午から重大発表を
行なうので、必ず聴くように」と繰り返しアナウンスされたんだって。
これがいわゆる玉音放送だよ。この放送により、日本国民は戦争が
終わったことを知ったんだよ。そのため、今日がいわゆる「終戦の日」と
なったんだ。

 

各国の思惑で終戦日はこんなにも違う!

「終戦」とは、国によって色々と解釈が違うようです。

当時のアメリカのトルーマン大統領がポツダム宣言に調印した、

1945年9月2日がアメリカやイギリス、ロシアなどにとっての

「終戦の日」となっています。

ロシアが以前ソビエトだった頃は、9月2日の翌日が戦勝祝賀会だったことの名残で

1945年9月3日が終戦日となっていました。

中国は9月3日・韓国と北朝鮮は8月15日を終戦日としているようです。

日本では1945年(昭和20年)8月15日に昭和天皇によって降伏を

宣言した日を終戦記念日としています。

1945年(昭和20年)9月2日はポツダム宣言に調印した日で

昭和27年までは9月2日を敗戦記念日と呼んでいました。

国際法上は、サンフランシスコ平和条約の発行によって、

連合国側と日本との戦争が完全に終結した1952年4月28日が

事実的な「終戦」だと言えます。