秋の花といえば・・・?

今日、9月14日は「コスモスの日」です!

リス太:秋を感じる時ってどんな時?

K君:僕はコスモスの花を見ると秋だなぁ~と感じ入るな

リス太:そうだね、可憐な小さな花なのに何で、

気宇壮大なcosmos(宇宙)のネーミングなのかな?

コスモスとは・・・

コスモスはキク科の一年草です。秋に咲く花で、花の色は様々ありますが、

赤・ピンク系が主流で、花弁が桜のように美しいことから、

漢字では「秋桜」と表記します。

そのまま「アキザクラ」と呼んだりもします。

原産地はメキシコで、18世紀末にスペインのマドリードの植物園に贈られ、

「コスモス」と名付けらたんだって。

名前の由来は、ギリシャ語の「Kosmos, Cosmos」(=「美しい」「秩序」「調和」)で、

宇宙のことをcosmosと呼ぶのもこれが由来らしいよ。

花言葉もこれが由来になっているようです。

K君:コスモスは色々な色があるけど花言葉は色別で違う!?

リス太:コスモスの花言葉は、色別で違うよ。

白・・・美麗・乙女の純潔・優美

赤・・・調和・乙女の愛情

ピンク・・・乙女の愛情

黄色・・・野生の美しさ・自然の美

茶色・・・恋の終わり

ひとまとめに・・・

コスモス=美的調和・乙女の純真・乙女の真心

リス太:コスモスが日本に伝わったのはいつ頃だと思う?

1887年頃だと言われていてその美しさから、街のシンボルとしている市区町村もたくさんあるんだよ。

K君:コスモスの花の形をよく観てみると

一定の秩序を持って整然と並んでいるでしょう?

そこからコスモスと命名されたのも納得できるね。

リス太:これが「美的調和」の由来なんだよ。

「乙女の純情」や「乙女の愛情」といった。

乙女の心について当てられている花言葉の詳細は残念ながらわからなかったんだけど、

乙女=心が美しいという意味合とそのとても幼くそれでいて可憐な感じからぴったりな花言葉だと思う。

 

ちなみに今日7月14日は・・・

「磯野 波平の誕生日」です!

漫画『サザエさん』に登場する
主人公サザエの父親。
914日生まれ。54歳。
3児の父親で1児の祖父。
会社員。禿頭の丸顔。
双子の兄・海平もいる。
頑固者ではある。

 

なんてどうでもいい豆知識でした・・・・てへっ