スパゲッティとパスタって違うの?

今日、9月17日は「イタリア料理の日」です!

リス太くんMEMOによると・・・

9 月17 日は「イタリア料理の日」。イタリア語で「料理」を意味する「cucina(クチーナ=917)」の語呂合わせから、日本イタリア料理協会が制定しました!イタリア料理業界を活性化し、一般消費者にイタリア料理を浸透させることが目的の記念日。goo ランキングの調査(2014)によると、「一番好きなイタリア料理は?」という質問で、人気メニューとなったのは、「1 位:パスタ」、「2 位:ピッツァ」、「3 位:ラザニア」だったんだって。

 

リス太:K君今日パスタ食べに行かない?

K君:いいね~しばらくスパゲッティー食べてなかった

リス太:・・・???パスタとスパゲッティーって違う?

 

K君:日本の食卓でもなじみのあるパスタ料理、ソースや具材との組み合わせで人気のあるメニューだけど

でも、スパゲッティーといういい方するよね?パスタとスパゲッティーの違いって何?

リス太:調べてみよう!

 

パスタとはイタリア料理で使われる小麦粉・水・塩・卵などを練って

つくられた生地を成形したイタリア料理の食材の総称です。

長さや太さなどさまざまな形状や種類があります。

 

もともとは俗ラテン語の「pasta」(生地・練りもの)という言葉に由来があります。

「パスタ」=マカロニ・ラビオリ・ペンネ・ラザニア

「スパゲッティ」=パスタの一種。

 

K君:うどんやそばやそうめんなどの総称である「麺類」みたいな感じかな?

リス太:スパゲッティーとは「パスタ」の中の一種で数あるパスタのなかでも紐のように細長く、

中が空洞でないものを言うんだ。

パスタにはさまざまな種類があって、

「スパゲッティ」=太さ2ミリ弱の細長いもの。

太さ2ミリ強=「スパゲットーニ 」。

1.6ミリ前後=「スパゲッティーニ 」。

1.3ミリ~1.5ミリ前後=「フェデリーニ」。

1.2ミリ未満=「カペッリーニ」。

イタリアでは、地方独特のものも含めると650種類ものパスタがあると言われていて

その形によってとくによく合うソースや味つけがあるんだそうです。