リス太のビジネスマナー講座-なぜあいさつは必要なの・・・?-

前回までの内容はコチラ

 

あいさつが必要なわけは・・・?

 

リス太:ビジネスって人と人との信頼関係の上に成り立っているよね。

K君:いきなりどうしたのリス太くん(笑)

 

リス太:改めて、信頼関係を築いていくにはコミュニケーションが大事だなって思って。

K君:確かにね。コミュニケーションって何においても大切だよね。

リス太:その始まりに、「あいさつ」があるよね。

K君:だよね。ビジネスではあいさつはとっても重要だよ。

あいさつで相手に好感や信頼感を与えることもできるしね。

 

 

会社の顔として

リス太:会社員として働くってことは、会社の売り上げに貢献しなきゃだよね。

K君:そうだね。

リス太:たとえば、顧客との交渉をうまく進めていくためには、

まずはいい印象を持ってもらわないと。

K君:確かに無愛想な人が来ても嫌だよね。

それにその会社=無愛想ってイメージがついちゃうかもね。

リス太:そうだよ。初めての人とはまずあいさつで始まるから、

あいさつはコミュニケーションの基本と言えるよね。

だから、もしあいさつをしなかったり、したつもりでも相手に聞こえていなかったら、

相手は自分の存在を無視されたように感じてしまうよ。

あいさつは相手よりも先に、大きな声で明るく笑顔でしたいね。

アイコンタクトも忘れずに!

 

K君:ねえリス太くん。

なんで取引先の初めての人にも「いつもお世話になっております」って言わなきゃいけないの?

リス太:それは、K君は初めて会う人かもしれないけど、その会社とはずっと取引をしているからだよ。

K君:そっか。取引をしている会社としての「いつもお世話になっております」か!

リス太:そうそう!会社の顔として、しっかりあいさつしよう!

あいさつはあなたの評価にもつながる!

リス太:やっぱり明るいあいさつができる人のほうがいいよね。

暗い人より明るい人のほうが一緒に仕事をしたいって思えるし。

K君:うん、そういう人のほうが話しかけやすいしね。

困ったことがあっても協力しあって仕事ができそう。

リス太:ね。あいさつだけでこんなにイメージがついちゃうんだ。

だから、たとえパソコンのスキルが高い人でも、あいさつできないと、

「ビジネスの基本ができていない」とか「協調性がない」とか、

マイナス評価に繋がってしまう可能性も・・・。

K君:・・・否定できないね。

改めてあいさつの大切さ、よくわかったよ!

 

リス太:就労移行支援事業所リスタートでは毎朝、あいさつの練習をしているよ。

朝から気持ちよく、自然にあいさつができるようになるといいね!