リス太のビジネスマナー講座-あいさつを使い分けよう!-

前回までの内容はコチラ!

 

リス太:あいさつの大切さは以前勉強したと思うけど、

今日はあいさつの使い分けについて学んでいこう。

K君:使い分けっていうと・・・?

リス太:時間帯や相手によってあいさつって変わってくるよね。

どの場面でどうあいさつすればいいのか、ちゃんと使い分けできるようにしよう。

K君:あいさつしたいけど、なんていったらいいのかわからず、

無言になっちゃうときがあるからしっかり覚えたいな!

 

朝、出勤したとき

リス太:朝の出勤時は、明るく大きな声で、「おはようございます」だよね!

K君:朝はさわやかに!だよね。

リス太:それに目上の人には自分から先にあいさつするのが基本だよ。

朝からさわやかあいさつで好感度アップを狙おう!

部屋の中にたくさんの人がいて、誰にあいさつしていいのかわからない!というときは、

部屋に入る際に、みんなに対して、大きな声であいさつしよう。

K君:大きな声であいさつする習慣をつけられるといいね。

 

 

社内の人とすれ違うとき

リス太:昼間、社内で社員とすれ違うときは「こんにちは」だよね。

K君:僕ときどき、「あれ、この人と朝あいさつしたっけ・・・?」

って思うときがあるんだけど・・・(笑)

リス太:そういうときは、「お疲れ様です」が無難じゃないかな。

それに、人数の多い部署だったり、企業だったりすると、名前も知らないってこともあると思うから、

そういう場合は、軽く会釈するくらいでいいと思うよ。

 

 

お客様とすれ違うとき

リス太:廊下で社外の人とすれ違うときは、「いらっしゃいませ」と言おう。

または、黙って会釈するのがマナーだよ。

帰り際には、「ありがとうございました」を忘れずに!

K君:お客様にこそ、しっかりあいさつをできるようにしたいね。

 

 

退社するとき

K君:退社時は、「お疲れ様でした」だよね。

リス太:そうだね。でも、他の人より、自分が先に退社する場合は「お先に失礼します」だよ。

他の人が自分より先に退社する場合は、「お疲れ様でした」とねぎらいの声をかけようね。

 

 

職場以外で会ったら

リス太:K君は、職場以外で先輩に会ったときどうしてる?

K君:外で偶然会ったときはびっくりしたけど、ちゃんとあいさつしたよ!

外で会っても先輩にはちゃんとあいさつしないとね。

リス太:取引先や、仕事を通じて知り合った人にもちゃんとあいさつしようね。

一度しか会ったことがなかったり、相手が自分のことを覚えているかわからないときは軽く会釈しよう。

にこやかにね。

K君:こういうところで、会社の教育制度も評価されるんだね。

リス太:そうだよ。K君の対応がいいと会社のイメージも良くなるんだ!

K君:そして僕の評価もアップするんだね!☺