リス太のビジネスマナー講座 -仕事中の大事なマナー-

 

前回までの内容はコチラ

リス太:職場では毎日たくさんと人と一緒に仕事をするよね。

時間を共有する、ということは気をつけなくてはならないことっていっぱいあるよね。

K君:そうだね。

リス太:そこで、今日は大切なポイントをいくつかあげていくよ。

 

おしゃべりは控える!

リス太:仕事中の会話は手短に済ませるのが原則だよ!

周りの人の仕事の妨げになってしまうし、

それに、話しかけている相手の時間も取ってしまっているということも意識してみよう。

K君:自分だけならまだしも、相手の仕事の邪魔もしてしまっているんだね。

それは良くないよね。

リス太:相手の都合や状況も考慮してから話しかけるようにしよう!

 

携帯電話のマナーは?

リス太:携帯電話はマナーモードか電源OFF!

基本的に携帯は休憩時間以外は触らないようにしよう。

K君:携帯をいじりながらだと仕事に集中できないもんね!

リス太:携帯電話はバッグの中などに入れて、気が散らないようにしよう!

 

勝手に持ち場を離れない!

リス太:複数の人たちと作業をしている場合、黙ってその場を離れるのは×だよ!

作業の流れを止めてしまったりと、周りに迷惑がかかってしまうからね。

K君:どうしてもトイレに行きたくなった場合はどうしたらいい?

リス太:トイレに行きたくなったり、体調が悪いときは、

一緒に作業している人に声をかけてから離れるようにしよう。

そして戻ってきたら、お詫びの言葉と、戻ってきたことをちゃんと伝えようね。

K君:「いると思っていたらいなかった」だと、困るもんね。

リス太:それにトイレはなるべく休憩時間内に済ませておこう。

会議中などに席を離れると、進行の妨げになってしまうよ。

 

こまめに休憩を取ろう!

リス太:集中して作業ができるのはいいことだけど、長時間作業を続けると、

注意力が低下したり、体調が悪くなってしまうかもしれないよ。

K君:そうだね。ある程度時間を決めて、気持ちをリフレッシュさせることも大切だね。

でもどれくらいとったらいいのかな?あんまり休憩していたら怒られちゃうよね?

リス太:うん。5~10分くらいで、例えば午前中1回、午後1or2回くらいがいいんじゃないかな。

気持ちを切り替えるため休憩は必要だけど、長時間休憩を取って怠けていると思われないようにね。