自分はこんな性格・・・? 6月23日

読解

製造業かサービス業か

クルマ産業はどこへ

6月4日、1万人近く集まった福井県でのラリー大会。スポーツ車「86」のハンドルを握るトヨタ自動車の豊田章男社長の姿があった。車を操る楽しみを訴え続け、社長就任直後にスポーツカーを復活。第1弾の「86」の販売は今も月平均で計画を15%上回る。

だが表情は厳しい。2期連続の減収減益を見込む。業績だけではない。「過去の成功体験は捨てろ」。焦りの背景にはシェアリングサービスの台頭など産業の激変がある。モータリゼーションに沸いた20世紀。高性能の車を低コストで大量生産する「ものづくり」の覇者が市場を制し、その頂点にトヨタは上り詰めた。しかし、スマートフォンでコミュニケーションの自由を手にした21世紀の若者たちにとって、車はもはやあこがれの対象ではなくなった。安く簡単に移動できるなら自分で車を持つ必要がないと考える人々がカーシェアリングに着目、今や1日に世界で300万人以上が利用。

この記事を読んで感想

・車の需要が半分近く減っているのは驚いた。

・300人以上の利用者がいるのはすごいと思った。

・日本では車を置く場所が無い。

・カーシェアリングは期待がある。

 

顧客のニーズを優先するか楽しさを追求するかどちらもゆずれませんね!

自己PR講座

前回までの内容はコチラ!

今回の“トリセツ”では、自分の性格について考えてみました!

私は、こんな性格だと思います。

                                      

自分のことを自分で分析するのは難しいことですよね。

でもしっかり分析できるというのはちゃんと自分を理解できているということ。みなさんは、過去の経験やその共通点から「自分ってこんな性格なんだと思う」とばっちり分析されていました。

例えば、

1 部活だったりサークルだったりで、スポーツ、楽器、英会話など様々なことにチャレンジした→好奇心旺盛

2 生徒会の仕事は大変だったが嫌いではないなと思った→真面目 など

次回は、周りからみたらどんなふうに見えているか、話し合っていきたいと思います!自分の思いこみの部分も見えてくるかもしれません。