リス太のビジネスマナー講座 -飲み会について知っておこう!②-

前回までの内容はコチラ!

前回に引き続き、飲み会についてやっていくよ!

食べ物や飲み物について

飲み会に備えてイメージトレーニングだ! まずは、とりあえずビールで乾杯して、あとはひたすら食べて、飲んで、食べて、飲んで・・・あれ?こんなのでいいのかな?
うーん、そうだね。会社によって色々と違いもあるんだけど、一般的なマナーとしては、大皿に盛られた料理を小皿に取り分けたり、お酌をするのはまだ年齢の若い人がする・・・っていうことになっている場合が多いかな。

 

ただ、お酒を勧めるかどうかや、お酌をするかどうかなどは、会社によって暗黙の了解として決まっていたりすることもあるから、初めて参加するのであれば、先輩などに聞いておくと安心だね!
なるほど!
あとは、宴会でコース料理を注文している場合なんかには、全員の料理が揃うまでは食べ始めないことにも注意しておこう!

お酒をあまり飲めない場合は

飲み会って、どんどんお酒を注がれちゃったりするんでしょ? 僕、あんまりお酒は強くないから心配だなぁ・・・。
そうだね。対処法としては、常にグラスに飲み物が入った状態にしておいて、手元に空のグラスを置かないことかなぁ。

 

とはいえ、お酒が苦手だったり、体質的に飲めないにもかかわらず無理に飲む必要はないからね!

 

ソフトドリンクを注文したり、食べる役に徹するのもOK! 飲めないっていうことを、事前に伝えておくといいよ!

雑談が苦手・・・そんな時は

お酒に関しての心配はなくなった、けど・・・。お酒を飲まないとなると、今度は雑談がちゃんとできるかちょっと心配かも。
いつも僕と話している感じでいけば大丈夫だと思うよ?
それが、僕、実はちょっと人見知りで・・・。飲み会だと、普段あまり話さない人とも話す機会があると思うから、上手くできるかなって。
うーん、そっか。もし、会話に参加するのが辛い、ってほどであれば、聞き役に徹したり、飲み物の注文係などになるのもアリだと思うよ。

 

でも、話せそうであれば、職場の色々な人と話をするいい機会だし、趣味や素顔を知って親交を深めると、以降の仕事もしやすくなるかもしれないね。
確かに・・・。無理をしない程度に話してみようかな。

プライベートな飲み会

聞いてよリス太君!同僚に、納涼会とは別に、同僚だけで飲みにいかないかって誘われちゃった!
参加するつもりなの?
それが、納涼会の日とあんまり離れてないから迷ってるんだよね。行きたくないってわけではないんだけど・・・。
少人数でのプライベートな飲み会は、落ち着いてゆっくり話すこともできるので、お互いのことをよりよく知れるチャンスになるかもしれないね。

 

それから、仕事や職場の話題になりがちだったり、時には飲み会に参加しているメンバーによって、仕事の進め方を決めてしまったりなんてことも・・・。
ええっ!じゃあ、参加しないと置いていかれてしまうんじゃ・・・。
うーん、その可能性がないとは言い切れないんだよね。欠席するとどんな話が出るかわからないっていう理由で参加している人がいたりもするんだよ。

 

でも、だからといって出なくちゃいけないものっていうわけではないからね! 自分の都合や体調のことも考えて、行くかどうか決めるようにしよう!

飲み会の注意点!

リス太くんのおかげで、飲み会についてはだいぶわかってきたよ!
うんうん。それじゃあ最後に、飲み会における注意点をあと2つだけ教えておくね。
うっ・・・まだ注意しないといけないことがあるんだね。
まず1つ目! 飲み会で聞いた話は、他のところで話さないこと!
えっ!どうして?
うん、それはね・・・と、言っても。実はこれは、明確にそうしなきゃいけないってルールではないんだ。

 

でも、飲み会で出た話はその時のメンバーで共有されるもので、参加していない人には話さないってことが暗黙の了解になっていることがあるから注意が必要だよ。
そうなんだ、危なかった・・・。
2つ目は、飲み会の時も、他の人の悪口を言わないようにする、っていうことだよ。
悪口を言おうと思ってはいなかったけど、飲み会の場だと、ついつい愚痴が出てしまったりしそうだね・・・。
ついさっき飲み会で聞いた話は他のところで話さないのが暗黙の了解といったばかりではあるんだけど、「誰々が誰々のことを悪く言っていた」っていう話は、いつの間にかどこかから漏れて、伝わっていきやすいんだ。

 

悪口を言ったつもりではなくても、ちょっとした批判などに尾びれがついて広まって、人間関係に支障をきたすこともあるから、注意が必要だよ。
ありがとう!リス太くんに教えてもらったことを思い出しつつ、楽しい飲み会にするぞー!

restart_banner