businessman7_angry

前回までの内容はコチラ!

むぅー!イライラするよー!
 
 
K君どうしたの?なんだか怒っているみたいだけど
聞いてよリス太くん!僕、昨日は帰りに買い物をしようと思っていたのに、電車が止まっていたから店が閉まっちゃってたんだ!
 
 
あちゃあ・・・それは災難だったね。
ムムム~!この怒り、なんとかできないの!? リス太くん!
 
 
そんな理不尽な・・・と言いたいところだけど、「怒り」の感情をコントロールすることはとても大事なんだ。
よし、今日は怒りのコントロールについて考えてみようか!

 

「怒り」の感情が沸く理由

 
そもそも「怒り」はどういう時に感じるのか、K君はわかる?
う~ん・・・ぼんやりとは浮かぶんだけど、説明しようとすると上手く行かなくて、ああ、またイライラしてきた~!
 
 
落ち着いて落ち着いて!「怒り」の感情は、まさに今のK君みたいに、「うまくいかなかったとき」に生じるものなんだ。
より具体的に言うなら、「目標に到達するための行動が妨害されたときに生じる攻撃的な情動」を「怒り」と呼んでいるんだよ。
えーと、さっきので言うなら、「説明する」って目標が上手く行かなかったり、「買い物をする」って目標が電車の遅延によって妨害されてしまったことで、「怒り」が生じていたってわけだね。
 
 
人は、自分の居場所を確保することで安心感を得ることができるんだけど、環境が変化する時にその変化についていけずに居場所が脅かされると、抵抗する感情として「恐怖」や「怒り」が湧いてくるんだ。
僕は気持ちの切り替えが苦手だから、環境の変化についていくのが難しいのかも・・・
それで、ついついイライラしてしまったりするんだね。
 
 
そうだね。想像を超える出来事が起きた時に、自分の期待にそぐわない事態になると、期待と現実の差異が怒りとして表れるんだよ。
なるほど・・・。確かに、思い通りにいかなかったときって、カーッとなってしまうことがあるかも・・・。
 
 
どんな時に怒りの感情が生まれるのかを知ることは、怒りをコントロールするために必要なので普段から意識しておこう!

怒りの原因

 
さて、それじゃあ、怒りが沸く「原因」は何だと思う?
上手く行かなかったり、思い通りにならなかったときに怒りが湧いてくるわけだから・・・想像を超えた出来事が起きた「驚き」とか・・・?
 
 
うんうん。驚いたことが発端となることはあると思う。でも、それを突き詰めていくと、「自尊心」を傷つけられたことが原因になっていることが多いんじゃないかな?
自尊心?
 
 
思い通りにいかなかったことで、自分自身に持っている自信が脅かされてしまうことが、怒りを覚える原因になるんだ。
うーん、なるほど・・・。
 
 
自分の弱さは人には見せたくない部分だけれど、そんな自分の弱い部分とも向かい合っていくことが、解決の第一歩になるんだよ!
どうして怒りが沸いてきたのかを考えることは、自分の弱さと対面することになるんだね。
 
 
次回は、自分の怒りを振り返って分析してみよう!

 

restart_banner