不安から自分を解放してあげる処方箋 ~その55 「当たり前」を押し付けられている~

人生諦めモード・・・そんな人へ

一度手放しても、二度と手に入らないわけじゃない

  • 適切なタイミングで、就職・結婚をしなきゃいけない。
    できなければ負け組になってしまう。
  • 自分に能力がないと思い込んでいる。
    失敗が怖いから、踏み出せない。

世間でいう「当たり前」に縛られていませんか?

そして、一度でも手放してしまえば、二度と手にすることはできない、と思い込んでいませんか?

一度でもそのレールから外れてしまえば、二度ともとの基準に戻れない、と思い込んでいませんか?

そんな失敗が怖くて、自分には能力はないと思い込もうとして、「こうしたい」という気持ちを抑えていませんか?

そうして人生を諦めていないでしょうか。

でも実際人生は長いもので、人生の先輩からしたら「一度や二度の失敗くらい」「一年や二年のロスくらい」と思えるものです。

しかし当人としてはその失敗の経験が大きな傷として残っており、そんな余裕や挑戦をなかなか受け入れることができません。

諦めさせる社会を、窮屈だと感じたことがあるはず

自分には無理だから、諦めよう。
失敗するのも怖いし。

一度諦めていても、本心では「こうしたい」と思っているはずです。

しかし、レールから外れる、失敗した経験が大きな傷となり、諦める・実力はないと思い込むという手段で自分を抑えています。

そんな人は、一度自分の心に、昔の自分に聞いてみてください。

生きにくいと感じていませんか?

一度の失敗で大きく人生が変わる、そんな社会は嫌ではありませんか?

挑戦したいけどできない、失敗が許されない、それは窮屈ではありませんか?

どこかでそう感じたことがあるはずです。

「当たり前」を押し付けられると窮屈。だから反発する。

  • 生活のためには働かなきゃいけない。
    なんだか生きるのが大変だ。
  • 独身が不安だから結婚する。
    なんだか自由ではない気がする。

そんなふうに、自分や、周りの「当たり前」、社会のレールを、不信に思ったことはないでしょうか。

そんな社会に反発するわけではありませんが、なんだか息苦しい・自由がないと感じたことはないでしょうか。

それは、あなたの本心が、その「当たり前」に縛られるのが嫌だと感じている証拠です。

敷かれたレールが、あなたには合わないのです。

レールの外で、あなたは自由に生きたいと思っているはずです。

だから、「当たり前」を押し付けてくる社会や周囲に、反発したり怒ったりしたくなるのです。

押し付けられると、苦しんだり、相手を責めたり、恨んだりしてしまうのです。

「こうしたい」という本心を、おさえつけようとしているのですから反発して当然でしょう。

反発・怒りを感じる自分を認めてあげる

そんな自分が少しでもいたら、自分を信じてあげましょう。

あなたの潜在意識、無意識は、あなたの「こうしたい」という欲求を叶えたいと思っています。

しかし、周りから「当たり前」を求められ、あなた自身が窮屈しています。

あなた自身が「こうしたい」と思う気持ちを認めてあげられないから、周囲への怒りや反発が起こっています。

そう感じる自分を信じてあげること。

「こうしたい」気持ちがあるけど、周囲に「当たり前」であることを求められ、気持ちを押さえつけている。

そんな自分を認めて、「こうしたい」潜在意識を信じてあげましょう。

自分の本当の気持ちの方向を認めて上げられれば、潜在意識は少しずつ解放されていきます。

同時に窮屈な思いも、少しずつ楽になっていくでしょう。

そうして、潜在意識はあなたの望む方向へ少しずつ向かい始めるのです。

まずは、押さえつけられている自分の本心と、世間に従おうとしている自分を、認めて、理解してあげるとよいでしょう。

 

restart_banner