自立支援医療制度① ~医療費が高くてお困りの方へ~

今回からは「自立支援医療制度」について勉強していきましょう。

よくわからないことや、ここをもう少し詳しく解説してほしい!などなど
意見がございましたら、就労移行支援事業所リスタート高田馬場までご質問ください!

こちらからお問い合わせしていただけます!

第7回 教えて!リス太くん

「自立支援医療」って名前からして難しそう~!

でもでも、簡単に言ってしまうと、障害をお持ちの方の医療費(診察・投薬・治療費など)を軽減しましょうという制度のことだよ!

名前は難しいけど、実はとっても優しい制度なんだ!

【自立支援医療】とは

 

自立支援制度とは、心身の障害を除去・軽減するために
医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。

 

 

 

でもこの制度、僕も使えるの?

 

 

自立支援制度の対象者

自立精神通院医療

精神保健福祉法第5条に規定する統合失調症などの精神疾患を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する者

→主に精神疾患の方が対象

更生医療

身体障害者福祉法に基づき身体障害者手帳の交付を受けた者で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる者(18歳以上)

→主に成人で身体的な障害がある方が対象

育成医療

身体に障害を有する児童で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる者(18歳未満)

→主に未成年で身体的な障害がある方が対象

 

※自立支援医療は外来通院を対象とした制度になります。入院中は適応になりません。

 

みんなが気になるところ・・・

実際どれくらい負担が減るの?っていうところだよね?

 

 

通常は医療を受ける際に医療保険が適用され、3割負担になります。

病院に行ったとき、医療費の3割を自分が払い、7割は国が負担してくれていますよね。

 

しかし、自立支援医療制度を使うと・・・?

例)

リス太くんの医療費が仮に10000円の場合

通常は自分で支払うのが3000円で国が7000円を負担してくれますが、
自立支援医療の適用になった場合、自分の負担が1割になります。

 

つまり、リス太くんは1000円の負担で済むのです!

 

自立支援医療を使うことで、医療費が3割負担から1割負担に軽減されます!

※ただし一般の医療の受診の場合は医療保険が適用され3割負担です。

 

「自立支援医療」の大まかな目的と、内容は理解できたかな?

次回は、対象について細かく学んでみよう!