うつ病とは?④~うつ病の経過 3つの段階と再発の防止~

今回も引き続きうつ病についてふかーく学んでいきましょう!

前回までの記事はコチラ↓

うつ病とは?①~~気持ちの問題?いいえ、うつ病は感情の病気です~

うつ病とは?② ~こんなにあるんです! うつ病の分類~

うつ病とは?③ ~こころだけじゃない! 身体の不調はうつ病のサイン?~

 

今回は具体的なうつ病の経過を見ていきます!

質問等は就労移行支援所リスタート高田馬場まで!

第21回 教えて!リス太くん

今回はうつ病がどういうふうに変わっていくか見て行くよ~

うつ病は、かかってから治るまでに、変化していく病気なんだ

うつ病の70%弱が1年以内に回復します

うつ病は、適切な治療を受けて十分に休養がとれれば

回復することの多い病気です。

一般的に、治療を開始してから3~6カ月すると

うつ病の3分の1に症状の回復がみられ、

1年以内に70%弱が回復するとされています。
しかし、回復が期待できる病気である反面、

再発することが多いのがうつ病の特徴で、

再発を繰り返すにしたがって病期が長引き、

症状も重くなりがちです。

したがって、

再発する可能性のある病気であることを理解し、

回復してからはストレスの多い環境をできるだけ避け、

ゆとりのある生活を心がけることが大切になります。

なるほど~

・・・うつ病って意外と治るんだ!

3つの段階があります

うつ病の経過には一般的に前駆期、極期、回復期の3段階があり、

また、再発を繰り返すうつ病の場合には、病期(病気である期間)と

次の病期の間にある中間期を含めた4段階が1つのサイクル

考えられています。

参考文献:伊藤順一郎著:分裂病とつきあう─治療・リハビリ・対処の仕方─.保険同人社,P156~157

前駆期

うつ病になりかかった段階で、心身のエネルギーが低下して疲れやすく、

これまで普通にできていたことが次第につらくなってきます。

このため焦りや自責の念が生じ、イライラや不安がつのります。

この段階で治療が開始されれば回復も早いのですが、

本人は病気と思わないためほとんどの場合、治療に結びつきません。

極期

うつ病のさまざまな症状がはっきりと現れる段階です。

この段階になると人に援助を求めない、

あるいは求めることさえできないほどのひどいうつ状態に至ります。

本人も周りの人も今までと違う状態に気がつきますから、

ようやくこの段階で病気と認識して受診に至り、多くはこの時期に治療が開始されます。

回復期

治療によって回復に向かいつつある段階で、

うつ状態が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら少しずつ回復していきます。

この時期で注意しなければならないのは自殺で、

極期よりも回復期の方が自殺する人が多いことが知られています。

中間期

うつ病が完全に回復した段階ですが、

うつ病はきわめて再発しやすい病気であることから病相と病相の期間を中間期ととらえて、

再発予防のためにストレスへの対応や心身への配慮が求められてきます。

みんな休養はしっかりとるようにして、ストレスはためないようにね!

次回はうつ病の対処法を説明していくよ~!