すいか割りの公式ルール、教えます!

今日7月27日は「スイカの日」です!

リス太くんMEMOによると・・・

夏の果物の「横綱」であることと、すいかの縞模様が綱のようで
あることから、「夏(7) の綱(27)」の語呂合わせとされているよ。
すいかはウリ科つる性一年草、またその果実のことであり、
青果市場では果物に分類されるけど、園芸分野では野菜に
分類されるんだ。ちなみに総務省が行った一世帯あたりの
すいか年間購入量は1 位の新潟市が7,653g、2 位の名古屋市が6,330g。
1 位と2 位で大きく差が開いているね。

ぼくは毎日食べてるよ~

 

 

すいか割りにはJAが決めた公式ルールがある!

日本の夏の風物詩といえばすいか割りですよね~

実は日本すいか割り協会(JSWA:Japan Suika-Wari Association)というのがあるらしいですよ!

 

さらに・・・

すいか割りには、日本すいか割り協会が制定した公式ルールが存在するんです!

すいか割りは単なるお遊びではありません!

本気のスポーツなんです!!!

 

JAがすいかの消費拡大のために組織したのが

JSWA(日本すいか割り協会)で1991年に公式ルールを決めました。

現在はJSWAは活動していないそうですが、

代わりにJAみちのく村山が企画した日本すいか割り推進協会が

現在の公式ルールを発表しています。

 

細かい決まりごとに結構うるさい

・平衡感覚を狂わせるための回転数は右回りに5回と2/3回転

・すいかと競技者(割る人)の間の距離は、5m以上7m以内とする

・棒は、直径5cm以内、長さ1m20cm以内の棒とする

・すいかは、『日本国産すいか』を用いる

*JSWA版では、よく熟れたものに限るそうです。

・フォーメーションローリング

(スタートする時の回転)を行う。

回転方向は右回りで、回転数は5回と2/3回転とする

 

拾ったら失格!

目隠しが本当にされているか確かめるため競技者の足元に1万円札を落として確かめるそう

おもしろ~い!

 

アイマスクの確認(目隠しの確認)1万円札を目隠しした人の足元に落とし、

拾った人は失格です。

すいか割りで割ったスイカは勝ったチームに食べる権利がある

勝ったチームは、すいかを食べる権利があり、

負けたチームは、残ったら食べることができる(日本すいか割り推進協会版のルール)

 

すいか割りは弱肉強食のゲームだそう。

ちなみに勝敗は審判がすいかの割れ具合を採点して決めます。

すいか割りの審判になるにはその年に10個以上すいかを食べていなければならない。

 

審判員『公平』な人はもちろんですが、

その年のすいかを10個以上食べた人でなければなりません。

JWSA版のルールです。日本すいか割り推進協会版ではすいかが大好きであり、

公正な道徳心を持つ健康な人でなおかつ

すいかに関するクイズに5問中3問以上正解した人がなれます。

審判になるのが一番ハードルが高い・・・

 

審判になるためにがんばるぞ~

 

 

 

すいか割り公式ルール

出典スイカレシピ | スイカ割り

 

そして!!!

リスタートでは今日、

すいか食べちゃいました!

今日の活動でご紹介しますね!