10月19日 「音」についてどう思う?

 

 

読解

「宇宙産業 日本巻き返し」

国内企業が大手・新興問わず、宇宙産業に関連する事業を強化しています。

かつては膨大な開発費や高い技術力が求められた人工衛星やロケットでしたが、

製造コストの低下で、多くの企業が参入しやすくなりました。

民間需要が拡大する欧米や、国家を挙げて開発強化を進める中国に後れをとるなか、

日本の巻き返しが期待されます。

 

三菱電機は、衛星の基本機能を備えた「標準衛星」に注力します。

通信や観測など、様々な衛星のベースで、顧客の要望に応じて柔軟に機能を搭載できます。

注文ごとに新たな衛星を作る必要がなく、低価格で納期を短くすることも可能になります。

三菱電機は、衛星などの宇宙関連の売上高を2020年度までに、

15年度の1,5倍の1500億にするという目標を掲げました。

 

新興企業も存在感を増します。

「アクセルスペース」は、民間向けの超小型衛星を開発しました。

重さ数トンの大型衛星は開発に数百億かかることがありますが、

100キロ以下で数億円の「小さくて安い衛星」が売りです。

 

世界の宇宙産業の売上高は急増しており、米国では民間需要が伸びています。

日本は政府向けが中心だが、毎年3000億円程度と横ばいで推移しています。

財政が厳しい中で、予算には限りがあるため、中国とは対照的ですが・・・。

しかし、日本は技術では遅れていません。

これを読んで、

・宇宙ビジネスは明るい。市場規模であったり、可能性であったり。

・次世代の経済状況に影響を受ける。

・メリット、デメリットがわかりづらい。

・世界経済が低迷している

→日本独自の技術をうまく活かせれば・・・

 

やはり、日本には優れた技術がありますよね!

そうなると、これを活かすアイディアと挑戦が今後必要となってきますね。

 

SST

前回の活動はコチラ

電車のストレス解消法

「音」についてどう思う?

 

普段の生活の中で、いろいろな「音」を耳にすると思いますが、

例えば、次の「音」についてどう感じますか?

 

 

・ドアを閉めるときの「バタン!」という音

→びっくりする 怖い 無神経な人なのかな?

集中できないな 怒っている? 静かにしてほしいな

イライラするな 乱雑な印象を持ってしまうな

 

 

・自分が話しているとき、誰かがイスをギイギイする音

→落ち着かないな 退屈なのかな? イライラしてる?

話を聞いているのかな? 気になっちゃうな

うるさいな 不快だな

そのほかにも、

・ザッザッザッと大きな音を立てて掃除をする人

・Suicaをピッとするときにバン!っとたたきつける人

・装飾品の音(アクセサリー、ウォレットチェーンなど)

・映画館でお菓子を食べる音

・電車内で堂々と電話する人

などなど

 

これらの「音」は自分では気づいていないかもしれませんが、

周りからしたら不快に思われていることもあるということですね。

今後自分の出している「音」について少し意識してみましょう。