tomodachi

SST

パーソナルスペースについて考えよう!

前回までのSSTの内容はコチラ

 

就労移行支援事業所リスタートでは、講座の前にいつもアイスブレイクを取り入れています。

今日のアイスブレイクでは「朝までそれ正解」をやりました。

お題は、「せ」で始まる怖いもの!

思いついたものをみなさんに発表してもらい、

その中からリスタート的“「せ」で始まる怖いもの”の正解を決めてもらう、というものです。

 

意見が多い&賛成が多かったものは、

・セミ

→意外と多かったです(笑) 確かにあの羽の音&鳴き声はコワイ・・・

 

・戦争

→戦争はやっぱり怖い!起きてはならないものですね。

 

・狭いトイレ

→閉所恐怖症の方にはツライ・・・そうでなくてもあまりに狭いと不安になりますよね。

 

 

最後は多数決の結果、

「せ」で始まる怖いもの、リスタート的正解は「戦争」になりました!

 

みんなの雰囲気が和んだ(?)ところで、今日の本題に入りましょう。

今日は、パーソナルスペースについて考えました。

 

まず初めに・・・

「なわばり」という言葉と聞いたことはありますか?

「なわばり」とは、動物が安心して生活するために他の動物との間にある境界線です。

ほかの動物が境界線を越えて自分のスペースに入ってきたらどうなるでしょうか?

 

こんな意見がでました。

・びっくりする

・怒る

・自分の居場所を守るために戦う

・警戒する、追い出そうとする

 

02

動物の場合、ケンカをするようなイメージが強いですよね。

 

 

では人の場合はどうでしょうか?

 

人も目には見えませんが、このなわばりと同じようなものを持っています。

それはパーソナルスペース(個人の空間・対人距離)と言います。

 

むやみに相手のパーソナルスペースに入ると、相手はどのように思うでしょうか?

少し考えてみてください。

ojisan2_shock

こんな意見がでました。

・戸惑う、怖い

・気持ち悪く感じる

・距離を取りたいと思う

・邪魔だと感じる

・嫌な気分になる

・びっくりする、ペースを乱される

 

いい気持ちはしませんよね。

自分はいいと思っていても、相手は違うかもしれません。

また、相手との関係によっても変わってきます。

親しい人、初めての人、同性、異性で変わってきますよね。

 

 

今日のポイント!

・パーソナルスペースは人それぞれ。

・自分と同じように相手も感じているとは限らない。

→相手の気持ちを考えよう!

 

次回もパーソナルスペースについて考えていきます。