1月5日 新年の意気込みを書いてみよう!

読解

 

出生数 初の100万人割れ

 

2016年生まれの子供の数が、1899年の統計開始以降で初めて100万人の大台を割り込む98~99万人程度になる見通しだそうです。

20代~30代の人口減少に加え、子育てにかかる経済的な負担から第2子を産む夫婦が減っているのが原因とされ、少子化の進行が改めて浮き彫りとなりました。

社会保障制度を維持していくためにも、政府の人口減対策や子育て支援の充実が一段と重要となってきます。

15年8月から16年7月までの出生数は、「団塊の世代」の1949年に比べると4割を満たしません。

出生数が減っている原因として、20~30代の女性が10年前に比べ2割も減っているということも挙げらています。

1人の女性が生涯に産むとされる子供の人数は増えているものの、女性の人口が減っているため出生数の増加にはつながっていません。

 

この記事を読んで・・・

・経済的事情が根深い。

・20代の女性に対して社会保障制度を充実して欲しい。

・結婚願望が減ったと思う。

・価値観が変化もあると思う。

・女性の社会進出はメリットもあるがデメリットもある。

・男性の所得が増えれば安心して子育てができると思う。

 

などの意見が出てきました。

本の人口が増えているのに子供が減っているのは悲しいですね。

 

レクリエーション

 

 

 

今日は、新年最初のレクリエーションということで、「書初め」をしました!

利用者さん達に、今年の抱負や意気込みなどを書いてもらいました。

 

 

筆ペンを使って色紙に書きました。

 

 

みなさんどんな抱負にするか考えています。

 

 

書き終わったら、自分の抱負を発表してもらいました!

プログラム終了後は、リスタートの壁に掲示しています。

 

 

個性豊かな書初めになりました!