1月24日 これまでの人生を振り返ってみよう!

自己PR講座

前回、あなたに近い大人たちがあなたに与えた影響について、

あえて振り返ってみました。

前回までの内容はコチラ!

あなたに近い大人たち・・・

あなたが学んだ「常識」や「道徳」は、あなたに近い大人(両親、祖父母、あなたを育ててくれた人など)から学んだもの。

そのため、あなたに近い大人たちの影響は大きなものです。

→その影響があなたを生きにくくしている原因かもしれません。思い込みを作っているのかもしれません。

そこで、今日は今までの人生を振り返り、人生グラフを作ってみましょう!

人生グラフを作ることで、あなたの人生の分岐点が見えてきます。

まずは、自分の人生にどんな出来事があったか、思い出して書き出してみましょう。

学生時代、20代、30代・・・

書き出すことができたら、こんな風に折れ線グラフにしてみましょう!

今までの人生で一番幸福だったときはいつですか?

逆に一番最悪だったときは?

どんなことに感情が大きく揺れ動きましたか?

先に進んでいけるように、自分の人生の大切な場面を知って

あなたらしさを邪魔する原因を探っていきましょう!

読解

稀勢の里 横綱へ 日本出身19年ぶり

白鷗破り14勝

大相撲初場所は22日、東京・両国国技館で千秋楽を迎え、前日に初優勝を決めていた大関稀勢の里が横綱白鷗を破って14勝1敗とし、場所後の横綱昇進を確実にしました。

日本出身の新横綱は、1998年夏場所後に昇進した3代目若乃花以来19年ぶりで、2003年初出場所中に貴乃花が引退してから14年間途絶えていました。

日本相撲協会の八角理事長は、23日の横綱審議委員会に稀勢の里の横綱昇進を諮問します。

横審は「2場所連続優勝またはそれに準ずる好成績」を横綱推薦の内規と定めています。

稀勢の里は連続優勝を果たしていませんが、横審委員の大多数は、昨年の年間最多勝を獲得するなど安定した成績を残している点を高く評価しています。

この記事を読んで、

・モンゴル出身の横綱がほとんどだったので、これをきっかけに日本勢も頑張ってほしい。

 →とはいっても、横綱になるのは大変・・・。

・純粋にいいニュース!

・日本が誇れる国技にもどってきてほしい。

・外国人のほうが身体的、精神的に強そう。

などの意見が出てきました。

日本の国技なのに、日本出身の横綱がそんなに出ていなかったなんて驚きですね。