1月26日 オリジナルの鬼を描こう!

読解

LINE 稼ぎ頭は「企業」

前期、広告増収ゲームは落ち込み

LINEが25日発表した2016年12月期の連結決算は営業利益が前の期比10・2倍の198億円となりました。

消費者にメッセージを送るアカウントなど企業向けの売上高が5割伸び、稼ぎ頭になったそうです。

今後の課題は海外ですが、強豪が立ちはだかる欧米は歯が立ちません。そのため、狙うのはアジアとなります。

グローバルプレーヤーに向けた挑戦への準備が整ったということです。

16年に上場してから初の本決算となり、出沢剛社長は記者会見で、1年を振り返りました。

16年の売上高は1407億円と前年比17パーセント伸び、事業別では広告が50パーセント増とけん引きしているなど、

企業にとって月間利用者が国内で6600万人いるLINEの広告媒体価値が高まっており、最終損益は75億円の黒字に転換しました。

企業が顧客に情報を送るために作るアカウント費用は3か月で1千万円以上、開設数は12月末で549と、1年前より130増えました。

会話に添える広告キャラクタースタンプも1千万円以上かかりますが、現在は順番待ちの段階です。

 

この記事を読んで、

・ゲームの飽きは仕方ない。

・企業にラインの需要があるなんて驚いた。

・アジアに目を向けるのは重要だと思う。

・日本で個人需要は慢性的だが海外に力を入れたり企業向けに力を入れたらよいと思う。

・地域限定や低価格にして欲しい。

・自社がラインに登録されてたら嬉しい。

・1千万は高いと思う。

 

などの意見が出てきました。

出来ればもう少し低価格だと嬉しいですね。しかし、海外のシェアを広げられれば日本の景気回復につながりそうですね。

 

 

 

 

 

レクリエーション

 

2月3日は節分!リスタートでは、来週木曜日のレクリエーションで節分イベントをやる予定です。

今日はその下準備も兼ねて、利用者のみなさんに鬼の絵を描いてもらいました!

 

お手本となる鬼をネットで調べたりしながら、思い思いの鬼を描いてくれました。

 

下絵ができたら色も付けていきます!

 

クレヨンや色鉛筆だけでなく、絵の具で色を塗る人も!

 

個性豊かなイラストができました!

 

節分が楽しみですね!