リス太のビジネスマナー講座-身だしなみで好印象を!-

 

前回までの内容はコチラ!

 

リス太:前々回で、相手に好印象をもってもらうために

あいさつはとても大切、という話をしたね。

前々回の内容はコチラ:リス太のビジネスマナー講座-なぜあいさつは必要なの・・・?-

 

K君:うん。覚えているよ。あれからあいさつするとき、表情に気を付けているよ。

リス太:K君、えらいね!

でも挨拶する以前の、第一印象ってやっぱり服装じゃないかな?

K君:例えば・・・?

リス太:例えばヨレヨレのスーツを着ている人と、びしっときれいにスーツを着ている人。

どちらのほうが印象がいい?

K君:それはもちろんビシっとスーツを着こなしているほうがかっこいいし、

清潔感があっていいよね。

リス太:そうだよね。服装って一番に目に入るからとっても大事だよね。

服装がだらしないと、この人に仕事を任せて大丈夫かな?って心配にもなるし。

K君:身だしなみは基本中の基本ってことだね。

リス太:うん。例えば取引先に好印象を与えることができれば、

取引も円滑に進むかもしれない。そしたらK君の評価もアップするよね!

K君:確かに。基本は疎かにしちゃダメってことだね。

 

男性の身だしなみ

上着

無地またはダークカラーでベーシックなシングルのスーツが基本です。

色は紺、グレーなどが無難。シワにならないよう必ずハンガーにつるしましょう。

前日の夜に状態を確認し、シワのある場合はアイロンをかけておきましょう。

ボタンは3つボタン、2つボタンに関わらず、上着の一番下のボタンは留めません。

(座ったときにシワがよってしまうため。)

取引先や、目上の人にあいさつするときは上着のボタンは留めます。

(3つボタンのときは真ん中、2つボタンのときは上のボタン)

ポケットは物を入れ過ぎないようにしましょう。

ワイシャツ

白いワイシャツが基本。ボタンはキチンと留め、シワがないようにしましょう。

 

ズボン

織り目がついている状態が基本。腰で履くのは×。

ソックス

紺、グレー、黒などダークカラーを選びましょう。

 

革靴

黒、茶色などスーツの色に合わせて選びましょう。

 

ヘアスタイル

前髪が目にかからないように、また寝癖もついていないかチェックしましょう。

 

 

女性の身だしなみ

上着

職場のドレスコードに合わせましょう。

一般的に紺、グレー、ベージュ系など落ち着いた色にし、清潔感のある服装にしましょう。

また、露出度が高いものやカジュアル過ぎるものは×。

 

スカート

職場にふさわしい丈にしましょう。パンツの場合、裾を引きずらないように。

 

化粧

オフィスでは軽く化粧をしているほうが好まれます。

清潔な印象を心がけましょう。香水の付け過ぎは×。

 

ヘアスタイル

寝癖がついていないか確認しましょう。明るすぎるカラーはオフィスシーンに適しません。

 

アクセサリー

仕事の邪魔になるようなものは×。動くと音がするようなものもNG。

 

 

K君:最近は私服着用の会社も増えてきているみたいだけど、僕にとっては逆に難しいな・・・。

なにを着ていいのか毎朝悩みそう・・・。

リス太:うん、難しいよね。でも、そういうときは先輩の服装を参考にして、先輩より控えめくらいのほうが無難だと思うよ。

そして、毎朝悩んでしまわないようにパターンを決めといたほうがいいかもね。