バレンタイン 感謝のメッセージ! 2月9日 

読解

残業「月60時間」へ着手

例外業種が焦点に

政府は1日に、首相官邸で「働き方改革実現会議」を開いて長時間労働是正に向けた議論を始めました。

全業種を対象に、残業上限を月平均60時間、年間計720時間までとする政府案に沿って意見集約を急いでいます。

安倍首相は、会議にて「長時間労働は構造的な問題で、企業文化や取引慣行を見直すことも必要だ」と指摘しています。

政府は、年内に労働基準法改正案を国会に提出して、早ければ2019年度の施行を目指しています。

企業の繁閑に柔軟に対応するために、単月なら100時間まで、また、翌月と合わせた2ヵ月平均であれば80時間までなら残業を認めるという方針です。

経済界も規制の必要性は認めており、会議では「現状は実質的に無制限で残業ができる。36協定にはなんらかの上限規制が必要だ」との意見もありました。

政府が上限の参考にしているのは過労死の認定基準です。

現在は、過労死の原因の多くを占めている脳や心臓の疾患が発症する前の1ヵ月間に、100時間超の時間外労働があった場合。

あるいは2ヵ月から6か月間に月80時間超の時間外労働があった場合に、疾患との関係性が強まると言われています。

 

この記事を読んで、

・月に60時間はそもそも多いと思う。

・業種によって規制をかけるのは難しいと思う。

・労働基準局が気軽に相談出来たら良いと思う。

・100時間は多いと思う。

・残業が多い所は人員不足ではないのか?

・残業代がしっかり払われているのか?

 

などの意見が出てきました。

退社が早くなるのは良いことですね。

 

レクリエーション

 

今日のレクリエーションは、バレンタインデーにちなんでラブレター・・・ではなく、感謝の気持ちを伝えるメッセージカードを作りました。

 

 

ハート型のカードに、思い思いに文字を書いていきます。

感謝の気持ちと言っても、対象は誰でも構いません。

日頃の感謝の想いを形にしてみましょう。

 

 

書き終わったら切り抜いて・・・

 

リスタートの壁に貼らせてもらいました!