438770

読解

値上げで家計「厳しい春」

食品や日用品、年金保険料

4月1日から食料や日用品など身の回りで値上げが相次ぐそうです。

一時期に比べ原油高や円安が進んだことがその理由で、国民年金の保険料も引き上げが続くなど、家計には「厳しい春」となりそうです。

日清オイリオグループは食用油の価格を見直し、家庭用を1キロ当たり20円以上値上げしました。

横浜ゴムも乗用車用タイヤの出荷価格を平均6%上げます。

王子製紙や日本製紙は、円安で原材料のパルプや古紙の輸入価格が上がったため、コピー用紙や印刷用紙を値上げするそうです。

社会保障では、国民年金の保険料が段階的な引き上げにより230円増の月1万6490円となります。

また、公的年金の支給額は物価の下落に合わせて0・1%減ることになります。

一方、雇用保険料は賃金の0・8%から0・6%に下がります。

低所得者向けには、返還不要な国の給付型奨学金制度が始まる予定となっています。

この記事を読んで、

・毎年4月は厳しい。

・タワーマンションの値上げはユニークだと思った。

・値上げのタイミングが重なって厳しい。

・日用品は安いお店を探すしかない。

・奨学金を制度をもっと充実させて欲しい。

 

などの意見が出てきました。

改めて料金プランの確認や変更が色々と必要になりそうですね。

 

ワークショップ

IMG_4773-01

今日のワークショップは、4月15日に行われるリス太の誕生日イベントの準備その③です!

最初に、各班の進捗状況について話を聞きました。

イラスト班は紙芝居の作成を進めており、台本を配って配役や各シーンの説明などを聞かせてもらいました。

IMG_4771

 

料理班は利用者さんの間で取ったアンケートから当日のメニューが「カレー」に決まり、その材料の準備やバースデー・ケーキのデザインを進めてくれています。

 

ゲーム班は正月に続く自作ボードゲーム第二弾の作成を進めており、今日はテストプレイをしてバランスなどについて話しあいました。

IMG_4774-01

 

リスタートお問い合わせ