私の取り扱い説明書 私が○○なときは… 6月2日

 

読解

シェア事業で認証制度

成長分野後押し

民泊やカーシェアといった「シェア事業」に関する国内認証制度が6月から始まります。

シェア事業を今後の成長分野と位置づけ、官民で協力して事業環境を整えます。新制度を土台にし、大手損害保険会社は専用保険の販売に乗り出します。新たな市場の創出と拡大に向けて、海外企業の呼び込みと日本企業の海外展開の双方を目指します。シェア事業は、個人のモノや空間、技術の売買や貸し借りをインターネットで仲介する仕組みです。様々な分野での拡大が見込まれる一方、事業者と消費者をともに保護する安全網をどう構築するかが課題になっています。

まず、政府が作ったガイドラインをもとに、社団法人シェアリングエコノミー協会が認証制度をつくり、6月から申請を受け付ける。新たな認証制度は民泊や高級バッグの貸し借り、カーシェアなど各種事業を対象とし、利用者からの相談に答える窓口設置などを条件に有効期限3年の認証マークを付与します。

 

この記事を読んで感想

・認証制度について初めてしった。

・不安があるので保険制度はしっかりしたほうがいい。

・身近かなもののシェアは良いと思う。

・国際規格は心強いと思う。

・高級バッグの需要があるとは思わなかった。

 

認証制度に登録した企業に付加価値をもっとつけて欲しいですね。

自己PR講座

前回までの内容はコチラ!

自分のことをより理解するために、私の取り扱い説明書を引き続き作成しています!

今回の質問はこちら!

私は、                        なときに機嫌がよくなります。

私は、                        なときに機嫌が悪くなります。

私の機嫌が悪いときは、こうしてください。

                                        

私が落ち込んでいるときにとる行動はこんな感じです。

                                        

そういうときには、こんな風に接してもらえるとうれしいです。

                                        

私が怒ったとき、こういう対応をしてくれると怒りがおさまります。

                                        

 

自分の機嫌の悪いとき、落ち込んでいるとき、怒っているときにこんなふうに接してほしいなど、あまり考えたことはないのでは?

ほっといてほしいときもあれば、声をかけてほしいときもある。

では、どんな時にほっといてほしいのか、どんなときに声をかけてほしいのか。

自分のことなのに、こうやって考えてみるとわからなかったり。

自分のことを知るって結構難しいことですよね。

でも、今回こうやって気づけたことで、より自分について理解を深められたり、今後ふとしたところで新しい発見に繋がるかもしれません。

自分のことを理解して、自分のことをはっきり言えるってすごいことですよね!