リスタート夏祭りに向けて準備! 6月15日

読解

具体化「時間との勝負」

相模原 リニア新駅周辺の再開発

2027年にJR東海が開業予定のリニア中央新幹線で、神奈川県駅が設置される相模原市が、新駅周辺の再開発に本腰を入れているそうです。

16年に周辺を広域交流拠点とする計画をまとめ、「この機会を逃したらまちの発展はありえない」との意見までありました。

ただ、計画の具体化に向け、開業までの時間との勝負になるとの見方も出てきています。

神奈川県駅はJR橋本駅のやや南、県立相原高校直下に設置される地下駅です。

13年、橋本駅付近にリニア新駅の設置が決まると、市は約2・8キロ離れた隣のJR相模原駅周辺と併せ「広域交流拠点」として整備する計画に着手しました。

計画では橋本駅の南側を中心に駅周辺の約120ヘクタルを産業拠点、相模原駅の北側周辺を文化・行政拠点とします。

橋本駅は19年に市内に移転する県立相原高校の跡地を活用し、相模原駅も12年までに返還で合意した米軍相模総合補給廠の一部を使う方針です。

この記事を読んで、

・リニア中央新幹線についてあまり知らなかった。

・駅周辺の商業地の整備をしっかりして欲しい。

・あと10年しかないと感じてしまった。

・駅を移す必要はないと思った。

 

などの意見が出てきました。

ぜひ一度は乗ってみたいですね。10年後に期待しましょう!

 

レクリエーション

7月22日の土曜日に、リスタートで夏祭りイベントを開催することが決まりました!

4月15日に行ったリス太の誕生日イベントと同様、利用者さん主体で作り上げていくイベントです!

今日は、それに向けた一回目の活動ということで、どんな夏祭りにするのかの話し合いを行いました。

前回の反省点としても上がった「企画書」と「予算書」作りのため、細部まで決めて行かなければいけません。

 

「夏祭り」イベントということで、夏祭りらしいゲームをしたり、食べ物を食べるという意見が多く出ました。

金魚すくいや射的に花火、たこ焼き、綿あめ、かき氷・・・

どれも魅力的ですね!

また、イラストや歌など、みんなで何かを作りたい、という意見もありました。

一方で、前回のイベントを踏まえて、今回は明確に班分けするのはやめよう、という意見や、調理に手間をかけ過ぎないようにしたい、という意見も出ました。

それから話し合いを続け、花火の絵を描く、輪ゴムでっぽうで射的するなど具体的な案も出てきましたが、今日はいなかった利用者さんの意見も聞くため、今日は結論は出さず、話し合いを終わりにしました。

 

話し合いが終わったら卓球でリフレッシュ!

3コマ目の夏祭りに向けた話し合いが終わったあと、4コマ目には急遽卓球をやりました!

話し合いの中でも卓球をしたいという意見は数多くあったので、練習も兼ねてリフレッシュです!