夏祭り準備⑦ 予算の見積もりをしました! 7月6日

読解

人工、最大の30万人減

出生数最小98万人

総務省が5日発表した住民基本台帳に基づく2017年1月1日時点の人口動態調査によると、日本人の総人口は1億2558万3658人で、8 年連続で減少したそうです。

前年から30万8084人減り、減少幅は1968年の調査開始以降で最大です。

出生数は初めて100万人を割り、少子化の進行が鮮明となり、東京圏への人口集中も顕著になっています。

人口増加は東京圏が中心となり、4都県はいずれも人口が増えるなど、雇用を求めて人が集まる傾向が続きます。

関西圏と名古屋圏を含む三大都市圏の人口は、前年比0・06%増の6453万258人と、日本全体に占める人口割合は5割を超えます。

ただ、関西圏と名古屋圏はいずれも人口が減っており、名古屋圏では愛知県の人口は増えたものの、周辺2県の減少幅の方が大きいのが実情です。

都道府県別の人口増加率は東京都がトップで人口1300万人の大台に乗るなど、東京一極集中が進んでいます。

農林中金総合研究所の南武志主席研究員は、「東京には生産性が高い仕事が集まっており、それが人を集めている」と指摘しています。

この記事を読んで、

・出生数が減少しているのは残念だ。

・沖縄なぜ人口が増えているの不思議。

・人口が集中したら税金が減ってほしい。

・東北の人口減少は今後も進みそう。

 

などの意見が出てきました。

日本の人口の減少について対策が必要であるとあらためて実感しました。

 

レクリエーション

今日も、7月22日の土曜日に行うリスタートの夏祭りイベントに向けて話し合いました!

今回は、予算の見積もりを作成しました。

前回の話し合いで企画書を提出してもらい、当日の各内容が決まったので、それに必要な物をそろえるための予算を話し合いつつ決めて行きます。

ゲームの景品や飾りつけに使うものなど、どれくらいの量が必要かを考え、予算を組み立てていきました。

次回は、実際に必要となるものの購入依頼や飾りの配置などを、発注に見立てて発注書を作成する予定です。

restart_banner