リス太のビジネスマナー講座 -社交辞令の使い方②-

前回までの内容はコチラ!

今日も社交辞令についてやっていこう!

 

容姿に関する話題を振られたときには

 

昨日のことなんだけど、「最近体重が増えちゃって・・・」って言われたので「何キロ増えたの?」って聞いたら、「デリカシーがない!」って怒られちゃったんだ。
前回言われた通り、相手の気持ちを考えて、話題に興味があることを示したつもりだったんだけど・・・。
うーん、なるほど。そのケースの場合は、まだ配慮が足りなかったね。
それじゃあ、どう答えればよかったんだろう?
まず一つ、鉄則として、「容姿に関することには極力コメントを控える」ことが重要だよ。
体重を気にしている人に対しては、同意するのも好ましくないし、質問するのも失礼な場合が多いから注意が必要だね。
ええっ!? じゃあ、どう返すのが正解なの?
そうだねー・・・考えられるのはこのあたりかな?

否定して見せる

「えー、そうは見えませんよ」など、実際に体重が増加していても、人からそう言われたくない人が多いため、否定してみるのは1つの手です。

否定も肯定もしない

「そうなのですか・・・?」などと、否定も肯定もせず会話に参加していることだけ示すことで、相手に話を続けてもらいます。

自分のことに話題をすり替える

「私も体重が増えちゃって・・・いいダイエットがあったら教えてください」など、さりげなく自分の話とすり替えることで相手に不快な思いをさせずに会話を継続することができます。

 

最後のは少し難しいけど、肯定も否定もせず、会話を続けるテクニックは使えると便利だから覚えておこう!
なるほど!同意するのでも、質問をするのでもなく、ただ話を促せばよかったんだね!
相手の話を聞いている、共感しているという意思を表明することが大事なんだよ。

 

職場の人と雑談する時には

他に、話をしていて困ったことはある?
うーん・・・あ、そうだ! 仕事についての話ではないんだけど
職場の人との雑談が、中々うまく続かないんだよね。
雑談かぁ。共通する趣味があれば、そのことについて話すといいんだけど・・・
それが、全然ないんだよ・・・。だから、仕事以外の話をしようとするとどうしてもうまくいかないんだ。
それなら、当たり障りのない話題・・・例えば、王道だけど「天候」の話題はどうかな?
天候かー。でも、「雨が強いですね」とか、「今日は暑いですね」って言ってみても、「そうですね」で終わっちゃわない?
そんな時は、「週末には雨が止むそうですが、どこか出かける予定はあるんですか?」と聞いてみたり、「せっかくの休みなのに暑くて家に籠ってしまいましたよ」なんて言う風に繋げてみたらどうかな?
それなら、天気の話から自然に休みの日のことを聞いたりできそう!
今のは1例だけど、天気の話からでも、「はい/いいえ」で答えられない質問に繋げていくことで、雑談を続けていくことができるんだよ」
すごい! 他には、いい話題はないかな?
うーん、そうだね。色々な人に通じやすいのは、スポーツの話題かな。
良さそうだけど、実は僕、ほとんどスポーツは見ないんだよね・・・。
そうしたら、自分からスポーツの話題を振るのは難しいだろうけど、逆にスポーツの話題を振られた経験はない?
言われてみれば、結構あるかも。でも、「昨日の試合見た?」とかって聞かれても、「見ませんでした」って答えて終わっちゃうんだよね。
答え方を少し工夫してみよう!例えば・・・K君、ニュースは見てる?
うん。そんなにしっかりと見ているわけではないけど、毎日見るようにはしてるよ。
そうしたら、試合を見ていなくても、試合結果はニュースでやっていたりするよね?
そこから、相手の気持ちを考えてみよう。例えば、日本と外国の試合で、日本が勝ったっていうニュースをやっていたとしたらどう思う?
試合を見たか聞いてきたっていうことは、きっとその人は試合を見ていたんだよね。そして、それについて共有したいことがあるわけだから・・・。この場合は、日本が勝ったこと、かな?
そしたら、「試合は見ませんでしたが、結果はニュースで知りました。日本が勝って良かったですね!」なんていう答え方はどうだろう
自分がそのスポーツのファンじゃなかったとしても、相手の気持ちを汲んで共感する・・・うん、確かにそれなら、いいコミュニケーションができそう!

時には真実だけで話さないことが「礼儀」になる

色々な場面での、社交辞令を交えた会話についてやってきたけど、どうだったかな?
僕、これまでは、どんな時でも正直に話すのが良いことだと思っていたんだけど、そういうわけでもないんだね。
そうなんだ。社会でうまくやっていくためには、いつでも100%真実を語れば良いというわけではないんだよ。
人間関係で大切なのは、相手の気持ちを考えること! 自分の本当の気持ちとは異なっても、相手に合わせて話す内容を選ぶことができれば、円滑にコミュニケーションができるようになるよ。

restart_banner