一年後の自分はどうなっていたい? 10月27日 

読解

首都圏経済 回復進む

冬物衣料・車・・・消費上向く

首都圏経済の回復の足取りが強まってきた。

関東財務局が24日発表した管内10月の経済情勢で、東京都と埼玉県の総括判断を上方修正した。

判断引き上げは東京が2年3ヵ月ぶり、埼玉は3年ぶり。

スーパーや自動車販売など主に個人消費の回復傾向が判断を押し上げた。

神奈川県や千葉県も雇用や設備投資が好調を維持しており、企業の景況感は上向いている。

関東財務局は管内全体の総括判断も前回7月の「緩やかに回復している」と2年3ヵ月ぶりに引き上げた。

東京は7月の「緩やかに回復している」から「回復している」に総括判断を修正。

埼玉も「持ち直している」から「緩やかに回復しつつある」、千葉は「緩やかに回復しつつある」に据え置いた。首都圏のなかで回復が遅れていた埼玉の上方修正により、首都圏全体での回復傾向がより強まったかたちだ。

この記事を読んで感想

・個人的には回復の実感が無い。

・地方の景気が気になった。

・訪日外国人の需要があるんだなと思った。

・冬物の季節ものの商品がこれからも売上が伸びそう。

 

中小企業や個人の回復の実感が持てると良いですね!!

自己PR講座

前回までの内容はコチラ!

一年後の自分はどうなっていたい?

――就労移行支援事業所リスタートを卒業し、そのあとはどうなっていたいですか?

どんな仕事に就いていたいですか?

 

・仕事に行き続けられるくらいの状態になっていたい。

・word,excelの資格を取ったのでそれが活かせるような仕事をしたい。

・得意のパソコン系の仕事に就きたい。

・病院での仕事に就きたい。以前やった経験があるため。

・習い事などをして活動の幅を広げたい。

などの意見がでました。

 

それぞれの“理想の自分”を語っていただきましたが、理想の自分像というものは、結果的に過去の自分の経験、体験したこと、出会った人の影響などから来るものだと思います。

そのため、未来のことを考えるということは、同時に過去を遡るということ。

まだまだ、自己分析が不明瞭という場合は、理想の自分から過去を遡ってみてください。

自己分析が出来た上で、将来はこうありたいというものがあれば、

・こういう仕事に就きたい

+その理由と具体的なエピソードなど

を具体的に書くとより説得力のあるものになります。

就職に向けて、説得力のある自己PRを考えていきたいですね。

restart_banner