自己分析「人生を一度だけやり直せるなら」

自己分析講座

現在、高田馬場の就労移行支援事業所 リスタートでは、リモートによるプログラムを行っています。

今回は、もしも自分が過去に戻ってやり直すことができるならどうするか、ということについて分析していきます。

もしも人生をやり直せるなら

今日の自己分析は、「もしも一度だけ過去に戻って人生をやり直せるならどうするか」というものです。

もちろん、実際に過去に戻ることができるわけではないので、ここで想像するのは”IF”の自分でしかありません。

しかし、そのIFを想像することで、今の自分を構成している考え方や価値観が過去の出来事から作られていることを確認することができます。

例えば、小さいころは誰かの目を気にすることもなく自分の感じたことを言ったり、やったりしていたのが、あるときから人の目を気にして行動するようになったとします。

ですが、もしも人の目を気にせずに気ままに生きてきていたら、他人の目を気にするあまりにやりたいことができないという今現在の状況にはなっていなかったかもしれません。

実際には、他人の目を気にせず生きることは難しいですし、その生き方にはまた別の問題が起きていた可能性もあります。

ここで大事なのは、IFの展開を想像したことで、「他人の目を気にしてやりたいことができない」という状況を作っているのが、過去の出来事から生まれた”思い込み”であることに気づけたという点です。

他人の目を気にせずに行動した場合の人生を想像してみると、伝えたいのに伝えられなかった、したいのにできなかったといった場面で、別の可能性が見えてきます。

実は、自分を縛る考えから抜け出すために大事なものこそ、この”可能性”なのです。

特定の場面に対する対処法を1つしか知らなければ毎回それを選ぶしかないため、その対処法が不適切なものであれば辛い思いをすることになります。

しかし、今の自分とは違う別の動き方を選択肢として持つことによって、今後起きる問題に対しても、より良い行動を選ぶことができるようになっていきます。

人生グラフでマイナスになってしまっている部分に目を向けて、当時の自分に選べなかった他の選択肢を探していきましょう。

 

restart_banner