障害者総合支援法改訂のポイントも、残り半分です。

ここが折り返し地点!頑張っていきましょう。

前回のポイント②「新たに創設された基本理念」はこちらから!

第4回 教えて!リス太くん

risuta

 

今日のポイントは、障害者の範囲について!

改訂によって、対象となる障害者の範囲が見直されたんだ!

じゃあ、それによって何が変わったんだろう?

 

ポイント3障害者の範囲が見直された

難病患者も対象に加わり、症状が変動するため身体障害者手帳を持てない人も、
診断書があれば障害福祉サービスが利用できるようになりました。

 

●障害者総合支援法における障害者の定義

身体障害者・・・身体に障害がある18歳以上の人で、都道府県知事から身体障害者手帳の交付を受けている人

知的障害者・・・知的障害者福祉法にいう知的障害者のうち18歳以上の人

精神障害者・・・統合失調症、精神作用物質による急性中毒、またはその依存症、知的障害、精神病質などの精神疾患を持つ人(知的障害は除く)

発達障害者・・・発達障害があるため、日常生活や社会生活に制限がある18歳以上の人(法律上、精神障害者に含まれる。発達障害児も同様)

難病患者・・・・難病等があり、症状の変化などにより身体障害者手帳を取得できないが、一定の障害がある18歳以上の人

障害児・・・・・身体障害。知的障害、発達障害を含んだ精神障害がある児童、または難病等があり、一定の障害がある児童

 

risuta

 

これまで難病患者は制度の谷間になっていたんだけど、
支援の充実が求められてついに対象になったんだね。

平成27年7月の時点で、332の疾病が対象になっているんだ。

参考に、すべての疾病をまとめてみたよ!

 

障害者総合支援法の対象疾病一覧(平成27年7月から)

緑に塗られているものが、新たに追加された疾病です。

byoumei1

byoumei2

byoumei3

byoumei4

byoumei5

byoumei6

 

 

ここに挙げられた疾病はすべて、就労移行支援事業所を含む各種障害福祉サービスの対象となっています。

これらの疾病をお持ちで、就職にお悩みの方は、お気軽に就労移行支援事業所リスタート高田馬場にご相談ください。

こちらのページからお問い合わせが可能です

risuta

 

明日はついに最後のポイント、障害者を対象としたサービスの拡大について

お見逃しなく!

次の記事へ

restart_banner