読解

school_text19_doutoku

道徳 身近な題材で議論

7月5日、千葉県習志野市立実籾小学校の道徳授業で、6年1組担任の蕨純夫・主幹教諭が、「規則について、実際にあったことを考えよう」と児童にプリントを配布しました。

「海水浴場でのきまり」と書かれたプリントでは、「小学校を卒業して9年、20歳を過ぎたみんなは、海水浴場に行きました」から始まります。

内容は、「浜辺で音楽を聴きながらバーベキューを楽しんだが、翌年も訪れると、砂浜でバーべキューや音楽を流すことが禁止されていた」というものです。

これは、マナー違反の苦情が絶えず、神奈川県逗子市が海水浴場の利用について規制を強化したという報道をもとに、蕨教諭が作成したものです。

「みんなだったらどう思うかな」と問いかけ、規制の強化について「賛成」「反対」「どちらともいえない」のいずれを取るか、子供たちに考えさせました。

クラス全員で起立した後、子供たちは挙手して発言し、同意する意見が出たら一緒に着席していきます。

最後に自分の意見をプリントに書き、終わりました。

 

この記事を読んで、

・規則は状況によって変化して良いと思う。

・教師の腕の見せ所だと思った。

・学生の時代は考え意見を皆が言える場をもっと提供してほしい。

・皆の意見を聞けて良いと思った。

などの意見が出てきました。

 

年齢に関係なく、道徳については勉強の機会を作っていきたいですね。

 

レクリエーション

今日のレクリエーションでは、夏祭りイベントの最後にやった、くじで引いたお題を描き、それがなんだかあてるゲームをやりました!

夏祭りでは時間の関係でできなかった人もいたので、延長戦です!

みなさんは、何のイラストだかわかりますか?

Q1

IMG_7623-01

 

Q2

IMG_7628-01

 

Q3

IMG_7632-01

 

 

 

 

 

答え Q1:電子レンジ Q2:柿 Q3:ペンギン

 

個性豊かなイラストが多数誕生して盛り上がりました!


restart_banner