ハロウィン・パーティー! 10月31日

読解

任天堂「スイッチ」で復活

下期1000万台、品薄懸念も

任天堂は30日、2018年3月期の連結営業利益が前期比4倍の1200億円になりそうだと発表しました。

3月に発売したゲーム機「ニンテンドースイッチ」が当初計画を上回るペースで伸びており、通期の販売台数は従来の1000万台から1400万台に上方修正しました。

一時はスマートフォンゲームに押された「据え置き型ゲーム機」の人気が業績回復をけん引する構図です。

営業利益の見通しは、当初予想から550億円上振れ、売上高も2100億円上積みしました。

純利益は前期に米大リーグ、シアトル・マリナーズの持ち分売却益を計上した反動で、前期比17%減の850億円になる見通しですが、本業そのものの業績は急回復しています。

同時に発表した17年4~9月期の営業損益は399億円黒字と、59億円の赤字だった前年同期から急浮上しました。

スイッチの販売が好調で、売上高は2・7倍の3740億円でした。

 

この記事を読んで、

・売上規模が大きく驚いた。

・パーティーゲームが欲しいと思った。

・トランジスタなどの部品が品薄なのは知らなかった。

・品薄が逆に購買欲を煽ったように感じる。

などの意見が出てきました。

 

今後もスイッチ旋風が巻き起こりそうですね!!

 

教養講座

今日は10月31日! 待ちに待ったハロウィン当日です!

以前、利用者さんの立てた「募菓子箱」企画によって、お菓子もたっぷり溜まっています。

 

そこで! 今日の就労移行支援事業所リスタートの4コマ目は、みんなが楽しみにしていたハロウィン・パーティーをしました!

 

お皿に並べるとこの通り! 圧巻ですね!

 

自分のベスト・オブ・お菓子の紹介などもして、とても盛り上がりました!

 

中にはあまり見たことのないようなお菓子も!

知らないお菓子を知ることができるのも、「募菓子」の面白いところですね!

 

restart_banner