8月17日 「言葉づかい」は「心づかい」 Part2

SST

関連記事はコチラ↓

「言葉づかい」は「心づかい」Part1

挨拶の基本スキル

 

「言葉づかい」は「心づかい」Part2

前回、いい話し方のポイントとして、3つのコを意識しよう!と勉強しましたね!

 

覚えていますか?

コから始まる3つの言葉です!

1 コトバ(言葉)

2 ココロ(心)

3 コウドウ(行動)

でしたね!

 

この3つのコの大切さを学ぶために、

今回はロールプレイにチャレンジ!

 

同じ言葉でも違った意味になる!

「ありがとう」という言葉を言い方を変えて言ってみましょう!

 

①視線を合わせず、感情も込めずに無表情で「ありがとう」

相手に言われてどう感じた?

→怖い、

嫌味のように聞こえる、

そんな言い方ないじゃんって感じた

ありがとうっていい言葉なのに

逆の意味にとられてしまうって悲しいですよね・・・

 

 

 

②視線を合わせ、明るく大きな声で「ありがとう」

何を意識した?

→全力で、相手に伝わるように

 

相手に言われてどう感じた?

→こちらもありがとうと言いたくなった、

うれしい、気持ちが伝わる

POINT!

「心づかい」があるかないかで、言葉は違った意味になる!

→相手のことをよく考え、受け止められ方に配慮する!

 

敬語を使っていたとしても・・・

例「そうでございますよね。おっしゃるとおりでございます。」

心がこもっていないと・・・

→逆に相手をイライラさせてしまうことも・・・

 

心を込めてやってみると・・・

→抑揚があっていい、感情が伝わる、気持ちがいい

 

 

敬語でも心をのせなければ逆効果!

気持ちや態度は言葉に現れます。

「心」がともなっていないと、見え透いたお世辞にもなってしまいますよ。

また、信頼を失ってしまうことも・・・

「言葉に心をのせて行動する」

3つのコを意識していきましょう!