2月10日 これまでの人生を振り返ってみよう!②

 

読解

 

規制改革会議、ライドシェア解禁議論へ

政府の規制改革推進会議が一般のドライバーが料金をとって自家用車で利用客を送迎するライドシェアの解禁のむけた議論を始めたという記事です。

ライドシェアとは、乗用車の相乗りの需要をマッチングさせるソーシャルサービスの総称のことです。

この議論の中でライドシェアと競合するタクシー業界は全国のタクシーが半減する恐れがあると反発しているようです。

日本は業界保護を優先していることで世界に遅れをとっているようです。

事実中国ではライドシェアの普及で交通サービスとIT(情報技術)の融合が一気に進んだとのこと。

 

この記事を読んで、

・タクシー業界の法の規制が強い印象

・中国ではすでにライドシェアが復旧しているので日本も乗り遅れないようにしないといけない

・タクシーを短距離者で利用するニーズが高まっているので料金などをしっかりすればライドシェアのニーズが高まるかも

・ルールを決めて取り組んで行くべき。

・便利になる側面の方が大きいと思った。

・払う金額も安くなるのではないか?

・雇用が減るという問題点もあるがテクノロジーが普及するとただ運転するという雇用は減って行く

・ライドシェアは安全確保と利用者確保の面で難しいのではないか。

 

世の中が便利になって行くことはとても喜ばしいですが

そのために生まれる問題点も多くあるようです。

実際、安全確保や事故が起きた時の責任などもシェアすることになるのか

など慎重に議論を進めて行く必要がありそうです。

 

 

 

自己PR講座

これまでの人生を振り返ってみよう!②

 

 

前回までの内容はコチラ!

 

今日は以前書いた人生グラフから、自分の人生を分析してみました!

これまでの人生を振り返ってみよう!

 

そのグラフをもとに、いままでで一番幸福だったとき、

一番最悪だったときをみんなで話してみました。

 

一番幸福だったとき

・一人暮らしを始めたとき

・社会人として仕事をはじめたとき

・小学生のとき

など

 

 

一番最悪だったとき

・体調を崩したとき

・大学生のとき

・仕事が忙しかったとき

など

 

いろいろな人生があると思いますが、

とてもつらく、必死に頑張って苦労した時期が誰しもあったと思います。

しかしそれを今、このように振り返ってみんなに話すことができている、

それが今後の力になっていくと思います。

それに、グラフを見てみると、一番最悪だったときはもう抜け出したわけです!

だから今後は右肩上がりにあがっていくのみ!

そして今後の期待を込めて、グラフの中の現在の自分のところから

未来の自分の人生を右肩上がりに書き足しました!