コミュニケーションをとりたい! 緘黙症当事者の声

自然に治ると思われていたけど、実は周囲の理解・協力がないと治療が難しい「緘黙症」。今日は当事者の声をいくつか紹介してみようと思うよ!

 

周囲の理解・協力で緘黙症が改善

周囲の人の協力、逆につらかったことを教えてもらったよ。
サポートのためのヒントにしていきたいね!

 

助かったと思うエピソード

  • 誘ってもらえると嬉しいけど、返事を返せなくて苦しい。
  • Yes/Noで反応できる質問をしてもらえたこと。
  • きちんと伝わっているということを実感できると、少しずつ話せることも増えた。
  • 返事をしても大丈夫なんだ、と安心できた。否定や強制があったら安心はできなかったと思う。
サポートによって話せるようになっていく、ということが多いね!
安心できる環境づくり、というのがやっぱり大事なんだね!

 

悲しかったエピソード

  • 自分が話せないのが嫌で、自ら周りとも距離を置いてしまった。
  • 話せなくていじめられていたけど、先生も見て見ぬふり。
  • 相談できる相手、頼れる相手がいなかった。
  • 「家では話せるんでしょ?」という言葉、「声が小さい」という指摘。
  • 「そんな状態のままでいいの?」と言われたこと。
  • 発語できたときに「しゃべった!」などと驚かれてしまうと不安になってしまう。
話せないのが辛くて、自責・悲しみといった感情につながってしまうこともあるよ。
理解がないと本人自ら距離をおいてしまって、さらに会話から遠ざかってしまうね。

 

理解してほしいこと

  • 「話さない」という意思があるんじゃなくて、「話せない」んだということを理解してもらえたらと思う。
  • 甘えているわけではない、ということ。
  • 周りの人たちに関心がないわけじゃないんです。伝えたいこと、話したいことはちゃんとあるんです。みんなが楽しそうに話していると、自分もそうしたいと思います。
本人も、いろいろ考えて、小さなステップで話せるようになっていきたいと思っているよ。
小さなステップを踏める環境を、こちらが整えていけたらいいね!

 

サポートは連携戦

「大きくなれば自然に治る」「おとなしい子、恥ずかしがりなだけ」と誤解されがちなんだよね。
そう。まず、学校の先生はもちろん、スクールカウンセラーなどに相談しておこう。
過保護だ、などと思われそうだけど、子供が話せない状態なら心配になるのは当然のことだよね。
そうそう! 学校と連携した支援は必須だから、よく話をしておこうね。
それから、お医者さんなどの専門家にも相談が必要だよね。
うん! 発達障害に詳しいクリニック、不安症に詳しい医師がおすすめだよ。ほかにも、発達センター・教育センターには心理士、言語視覚士がいることもあって、そちらもおすすめ!
家庭、専門家、学校とで連携してサポートをしていきたいね。
そういうこと。家庭だけ・学校だけでの解決は難しいし、専門家の治療だけでも解決は難しいよ。学校、家庭、専門家が協力しあってサポートをしていこう!

 

大人の緘黙症

大人の緘黙症への治療、支援というのはまだ不十分なんだ。
緘黙症自体、すぐ治ると思われがちだから、理解や支援が遅れてしまっているんだね。
そう。「社交不安」「対人恐怖」などに詳しい医師、心理士などに相談するのがいいよ!
十分な理解がある専門家に出会える可能性が高いということだね!
そう! 不安症、恐怖症の根幹に緘黙症があることもあって、理解のある人に出会える可能性があるんだ。
支援、治療のヒントがつかめるかもしれないもんね!
そういうこと! あとは、就労支援センター、ハローワークで仕事の相談をしてみるのもいいよ。
仕事についてもサポートしてもらえたり、他の人の場合のことを聞けたりするよね。
そうそう。最近は障害者雇用枠での就職というのも増えてきているみたい。相談できるところへ行ってみよう!

 

restart_banner